0◆見えない矯正装置000

   舌側矯正装置の別名です。
 舌側、すなわち 歯の内側に
歯並びを直すための装置を付ける方法です。通常歯並びを治す為のつぶつぶの装置(ブラケットと言います)が歯のほっぺた側、つまり外から見える面に付けて行きますが、これを歯の内側、つまり舌側に付けて治療していくやりかたを舌側矯正といいます。この方法ですと、本人から言わない限り矯正装置を付けている事が他の人にはほとんど分りません。そこが見えない矯正装置と言われるゆえんです。 もちろん同じ物ではなく内側専用に作られているものです。この装置を使用する事により、お口の中を覗き込んだりしない限り装置自体は殆ど見えません。
 矯正治療自体恥ずかしい事ではありませんが、仕事上どうしても表から見えないように治療したい場合や、他の人に気づかれないようにしたい場合などに使用されます。
 ただし内側に装置が付くが故に、最初はしゃべりづらかったり、食事がしづらかったりします。使えるワイヤーの長さも短くなるので治療期間も以前ほどではありませんが少し長くなったりします。
 患者さんからは歯並びは気になっているのだけれども、あの装置を付けるのはどうも、、、もし外から見えないように出来るのならやってみたいという声をよく聞きます。ほっぺた側に付ける装置も最近では、半透明や歯の色と同じ様な色で出来たセラミックスのものも出来ており、選択肢も広がって来ました。
 そういう意味ではご本人にとってどのような方法が良いのか相談なさってみてはいかがでしょうか。
 当院では歯肉の検査や虫歯の検査時に矯正の相談にも応じますのでお気軽にお問い合わせ下さい。


0◆矯正でダイエット?!000

 矯正治療をすると、歯並びがよくなり、よく噛(か)めるようになったり、見た目がきれいになったりします。しかも、予想もしなかった思わぬことが起こったりします。
 矯正の治療を始めた場合、以前ほどではありませんが、動き始めの2〜3日間、歯がジンジンした感じになります。その後、その感じは除々になくなりますが、その間は食事をすると歯に響くので、よく噛むことができません。そんな時期を過ぎると、痛みは消えていきますが、治療の途中の段階では、やはり歯がうまく噛み合わなかったりして、食事が多少食べづらかったりします。最近では、歯の裏側に装置を付ける舌側矯正を希望する人も増えていますが、その場合はなおさら。そして、人によっては結果的にやせてしまうということが起こるのです。あまり健康的とは言えませんが、そんなことをうれしそうに語る患者さんもいるくらいです。
 また、矯正をしていた人は、ほかの人に比べると歯のブラッシングがとても上手になります。矯正の装置を付けているからといって、ブラッシングがとんでもなく難しくなるというわけではありませんが、それなりに気を遣わなくてはなりません。ブラッシングの回数も、それにかける時間も長くなってきます。治療が終わってからもそのような習慣が続くようになります。治療後は歯並びがよくなっているので、ブラッシングも行いやすく、しかも上手になっているのですから「鬼に金棒」状態ということになります。その先の人生で、虫歯や歯周病になりにくい口の環境を手に入れることにもなるのです。さらに、見た目にもきれいな歯並びになっているわけですから、精神的にもよい状態です。
 矯正の治療では、弱い力を用い、少しずつ動かすので時間もかかりますが、人生の長さを考えると、その価値は十分にあると思います。





Copyright (C) 2011 Urban Orthodontic & Dental Clinic. All Rights Reserved.