札幌市豊平区 月寒東・福住の 小児歯科・小児矯正歯科・矯正歯科「アーバン歯科小児矯正クリニック」

札幌市豊平区月寒東・福住の 小児歯科・小児矯正歯科・矯正歯科「アーバン歯科小児矯正クリニック」札幌市豊平区月寒東・福住の 小児歯科・小児矯正歯科・矯正歯科「アーバン歯科小児矯正クリニック」

札幌月寒・福住の小児歯科 011-857-5511札幌月寒・福住の小児歯科 011-857-5511
  • 札幌市豊平区月寒・福住の 小児歯科・小児矯正歯科・矯正歯科、アーバン歯科小児矯正クリニック
  • 札幌市豊平区月寒・福住の 小児歯科・小児矯正歯科・矯正歯科、アーバン歯科小児矯正クリニック 医院案内
  • 札幌福住の小児歯科
  • 小児矯正
  • 札幌福住の矯正歯科
  • 札幌福住の一般歯科
  • お知らせ

小児歯科

お子さまの虫歯治療

小児歯科

痛いところを触られることは大人でもイヤな(怖い)ものです。大人なら治療が必要なことを理解し我慢しますが、小さなお子さまは歯が痛くても治療はされたくなくて大泣きして全力で抵抗してしまいそうです。

当院では、お子さまに安心して治療を受けてもらえるよう保護者の方と一緒に診察室へ入っていただき、まずは分かりやすくどんな器具でどんなことをするのかお話をして練習をした上で、徐々に慣れていってもらうところから始めています。
嫌がるお子さまにいきなり治療を始めることはありませんが、痛み等がありどうしても処置が必要な場合には、保護者の方にご説明をさせていただきご同意をいただいた上で治療を行っています。


定期検診

小児歯科

普段から歯医者さんには痛くなってしまった虫歯を治療しに行くのではなく、虫歯ができていないか見つけてもらいに行くというつもりで来院して欲しいと思っています。そのように来院していただけると虫歯も小さいうちに発見できますし、小さい虫歯は治療の範囲も少なく治療時間も短くて済みます。そして同時に噛み合わせのチェックなども行えますし、治療を終えた歯を再び虫歯にさせないためにも定期的な検診をお薦めしています。

歯医者さんに慣れておくことで不安や恐怖心を減らすことができますし、結果的にお子さま本人の負担も少なくて済むことになりますので是非、定期検診にお越しください。


フッ素の虫歯予防効果

小児歯科

フッ素には歯を丈夫にする働きがあります。使い方には、生えた歯に直接塗る方法(歯科医院などで行います)やフッ素洗口液やフッ素入り歯磨き粉を使用する方法(家庭で行います)などがあります。

フッ素は歯のエナメル質と反応してフッ化アパタイトという耐酸性の強い層を作ります。虫歯は細菌が作り出す酸によって歯が溶かされて始まりますが、フッ素を塗るとその酸に対する抵抗性が増し、虫歯に対して強くなります。そして、ごく表面の虫歯であれば一度酸で溶かされてしまった部分でも再び修復して固めてしまう性質があります。このことを再石灰化といいます。
さらには、フッ素そのものが細菌の活動を抑制する働きもあります。このような働きでフッ素は虫歯の予防に大変役立ちます。特に生えたばかりの歯は未完熟でフッ素を取り込む力が旺盛なので、この時期にフッ素を塗ってあげることはより効果的と言えます。

また、まだ歯が生える前(あごの中で歯が作られている時期)にフッ素を食物などから取り込むと、歯のエナメル質が作られる過程で作用し、より強いエナメル質になることが知られています。フッ素は自然界の多くの食物に含まれています。

フッ素を塗ったからといって安心してブラッシングをしなくなっては意味がありません。基本は歯磨きで、さらにフッ素を塗ることで大切な歯を守っていきましょう。


虫歯予防のシーラントって何?

虫歯予防のシーラントって何?

歯科医院で行う「シーラント」という言葉をご存じでしょうか。フィッシャー・シーラントとか予防填塞(よぼうてんそく)とも呼んだりします。どのようなものかというと、まだ虫歯になっていない歯の溝の奥や小さなくぼみをきれいに掃除し、プラスチックの液を流し込んで汚れが入っていかないようにすることです。溝の奥などをふさいで(シールして)しまうことからこのような名前が付けられています。


虫歯予防のシーラントって何?

シーラントは予防的処置です。虫歯の始まりになりやすい歯の細い溝や小さなくぼみをあらかじめ埋めてしまうことにより、虫歯ができ始めることを予防できるというものです。特に6歳臼歯(第一大臼歯のことで、6歳前後になると乳臼歯のさらに奥に生えてくるのでこの名が付いています)は、生え変わるのではなく一番奥に生え加わるため、気が付かないうちに生えてきてしまい気が付かないうちに虫歯にしてしまいやすいのです。比較的ブラッシングの上手なお子さまでも、そこまでブラシが届かないため乳歯に1本も虫歯がないのに永久歯が生えてきたとたんに虫歯にしてしまう事も少なくありません。はじめは歯肉が弁状になっていて出血しやすいですが、だんだんコリコリした健康的なピンク色になってきます。そして咬む面が全部出てきたら、シーラントをしてあげましょう。


虫歯予防のシーラントって何?

この方法は健康保険の適用にもなっています。予防効果も高いのでお薦めしています。歯を削って詰めている訳ではないので咬む力で磨り減って取れてしまうこともありますが、そのときは元々の自分の歯に戻るだけなのでやり直すことができます。6歳臼歯ばかりではなく生えてきた他の永久歯に対してもすることができ、また溝の深い乳歯にもすることができます。

生えてきたばかりの歯にはフッ素塗布も効果的ですが、シーラントも強い味方になってくれることでしょう。